不動産を取得したら登記をする必要がある

不動産

不動産について

不動産を取得したら登記をする必要がある

画像

土地や建物等の不動産を売買により取得することがよくありますが、その場合には登記をしなければ善意の第三者に対抗することができないのでその点に関しては十分に注意した方が良いです。
例えばある不動産会社から建物を購入する契約を結び金銭を支払った場合には、その建物は完全に自分の物になったと考えてしまう人がけっこういます。
しかしその建物が自分の物であると証明するために登記をしなければならず、それを怠ると後で大変なトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。
数は少ないのですが不動産会社がAさんにT物件を売却した後で、Bさんに対しても同じくT物件を購入するケースが全くないとは言えないのです。
その場合Aさんの後でT物件を購入したBさんが登記をしてしまうと、そのT物件はAさんの物ではなくBさんの物となってしまいます。
ですからこのようなことを防ぐためにも、土地や建物等の不動産を取得した場合には必ず所有権移転の登記をする必要があります。

画像