不動産業を開業することに夢をみてる方

不動産

不動産について

不動産業を開業することに夢をみてる方

画像

不動産の会社を開業するためには、宅建建物取引士と宅建建物取引業の資格が揃って初めて会社として開業することが出来ます。
これから不動産業に就職などする時には、両方の資格は必ずしも必要がないですが、両方取得しておいても損をすることはないです。
これから独立をして不動産業を夢に見てる方であれば、取得しておくことも必要です。
以前は主任者となってましたが、士に変更になりましたが内容としては同じです。
不動産業の社員の中には、すべての社員が資格を持っていなく、社員の5人に1人が持ってることが重要となってます。
宅建建物取引士の試験は、年に1度だけ行うことになっており、試験に出る内容としては、民法や宅建業、その他の法令による制限となってます。
この資格は、効率的に勉強をすることで、比較的取りやすい資格となってます。
短期間の勉強でも試験に合格される方も多くいらっしゃいます。
宅建の資格を持っていれば、いつでも不動産業に転職することも可能となってます。

画像